鬼マサ日記

その昔、鬼マサと呼ばれていたという父親の話である

鬼マサの霍乱(かくらん)

その昔

 

鬼マサと呼ばれていた父が

 

 

42歳の頃のこと

 

 

私の記憶では

 

それまで病気らしい病気をした事など

 

なかったように思うのだか

 

 

 

何をしていたのか

 

ある日ギクッ!!!と

 

やってしまったらしい

 

 

ギックリ腰だ

 

 

 

ギックリ腰になった人など

 

けっこう周りに多くいるもので

 

そんなに珍しくもないのだが

 

 

 

父は若かりし頃

 

空手を師範レベルでやっていたといい

 

(本人がそう言ってるだけだが)

 

 

蛍光灯にぶら下がっているスイッチの紐を

 

ハイキックで蹴り上げては

 

どうだ〜凄いだろ〜と

 

得意げな顔をし

 

 

まだ小学生だった頃の弟に

 

やってみろと無理な事を言い

 

もちろん出来ないわが息子に

 

勝ち誇ったような笑い声を

 

浴びせかけていた

 

 

 

そんな父が

 

ギックリ腰とは!

 

 

それもかなり痛みがひどいようで

 

 

脚をひきずりながらでも

 

歩けるならまだしも

 

それもままならず…

 

 

 

四つ這いになり

 

片足の膝を座布団に乗せ

 

 

まるででかい尺取り虫のような動きで

 

ズリズリ〜

 

ズリズリ〜と

 

 

寝室からトイレまでの廊下を

 

這って進んでいた

 

 

 

母も私も勤めに出ていたため

 

そんな父につきっきりとはいかず

 

 

 

その日遠足だった高校生の妹が

 

父の介護のためという理由で

 

学校休み世話をする事になった

 

 

42歳の父の介護のため

 

楽しみにしていた遠足を諦め

 

父に付き添う健気な妹……

 

 

などという

 

そんな泣ける話には

 

なるはずもない

 

 

 

姉の私が言うのもなんだが

 

妹は頭が良かった

 

頭は良いが

 

やる事が少しぶっ飛んでいた

 

 

 

母も私もそんなことは

 

すっかり忘れていた

 

 

………で

 

 

やはり父は妹にヤラれた

 

 

座布団に乗って

 

トイレまで廊下を這い進んでいる

 

そんな父を見て

 

妹はふと思いついた

 

 

あれ?お馬さんがいるよ〜

 

わーいわーい♬

 

 

そして

 

 

父に馬乗りになった

 

 

ギャッ!!グギッ!

 

ブォゲ〜!!!

 

 

父のために遠足を休んだ妹は

 

その父にこっぴどく叱られた

 

とはいえ四つ這いで

 

座布団ズリ〜の父である

 

妹は全くダメージを受けなかった

 

 

そして祖母には

 

叱られるどころか

 

賞賛された

 

 

 

高校生の女の子が

 

学校を休んでまで

 

父親の世話をしている

 

この子はなんて優しくて良い子なんだ

 

…と、褒めちぎられ

 

新品の自転車をゲットしていた

 

 

 

その後

 

父がどれくらいの間

 

座布団ズリズリ生活をしていたのかは

 

全く記憶に無い

 

 

ただ

 

自転車をゲットし

 

正当??な理由で

 

学校をサボる事が出来た妹が

 

 

鬼マサよりも

 

鬼じゃないかと

 

ふと思ったりした

 

 

  

そんな鬼マサの霍乱の話

 

 

 

鬼マサ日記は

 

まだまだ続く…